top of page

新井狼子 あらいろうし

1920年 埼玉県戸田市に生まれる

1949年 抽象絵画に関心をもち、表現活動に入る

1952年 前衛書道活動開始

1961年 書のグループ 蒼狼社に参加

     岡部蒼風・国沢博・中村忠二に師事 

1980年 無限会(∞会)を結成

     以後、グループ展・個展・講演など書の活動を続ける

2005年2月25日未明 逝去

 

 

作品集 書籍

・咒  新井狼子作品集 1975年

・ここにこそ書はいきている  新井狼子編著  1982年

・河童  新井狼子画集 1988年
・季刊「銀花」別冊 手紙  新井狼子の字と筆 1984年

・書道評論 季刊 創刊号  書は野にあり 新井狼子個展紹介 1986年

・書道評論 季刊 2  無心の書/人間の筆跡への視点 1987年

・同朋  ぶきような手が本物をつくる 1995年

・墨 120号  須田剋太の手紙展 井上有一との比較において 文 新井狼子 1996年

・月刊絵手紙  年賀状大特集  2001年

bottom of page